I虹の彼方に(下)|ガンダムUC(ユニコーン)スタイル〜私的観点レビュー〜

I虹の彼方に(下)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)
I虹の彼方に(下)
《ユニコーンガンダム》に導かれた長い旅路の果てについにバナージとミネバは『ラプラスの箱』にたどり着く。
真実を人々に伝えようとする二人の前に、再び立ち塞がる仮面の王・フロンタル。
今、『箱』巡るすべての因縁に決着の時が訪れようとしていた……。
果たして二人は宇宙世紀を覆う呪縛を振り払い、希望の光を示すことができるのか?
そして可能性の地平の彼方に待つ衝撃の結末とは−!?
※裏表紙より抜粋

 

私的観点
ついに解き明かされた『ラプラスの箱』の意味…
ファーストガンダムがUC0079年…その17年後…繋がっていた!とわかりました。
全てを思い出しながら注目していただきたいです!

QR


 
トップページ